キチジョウソウ

  • キチジョウソウ_img_0
    キチジョウソウ @ 高尾山 ”山草園”
  • キチジョウソウ_img_1
    キチジョウソウ @ 高尾山 ”山草園”

基本情報

花名
キチジョウソウ
英名
Reineckea carnea
学名
Reineckea carnea
別名
吉祥草
原産地
日本、中国 
生活型
耐陰性・常緑多年草

コメント

キチジョウソウとは

キチジョウソウ(吉祥草、学名:Reineckea carnea)は、キジカクシ科の耐陰性・常緑多年草です。本州関東以西〜九州の山地で湿地の日陰に群生します。根茎が地表に多数出て拡張します。秋に、短い花茎先端から伸びた穂状花序に淡紅色の小花を多数付けます。花は葉より低い位置で咲きます。小花は下から上へ咲き上がります。雌蕊のある両性花が下方につき、上方に雌蕊の無い雄花だけが咲きます。花後の晩秋に、赤い球状の果実を成ります。吉祥草は縁起花とされ、名前の由来はこの花が植えられた家に吉事があると咲く、という言い伝えに拠ります。花言葉は「吉事」。属名の ”Reineckea” はドイツ人園芸家「Reinecke」氏への献名、種小名の ”carnea”は 花色が「肉色の」と言う意味です。

一般名:キチジョウソウ(吉祥草)、学名:Reineckea carnea 、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目科キチジョウソウ属、原産地:日本、中国、生息分布:本州関東以西〜九州の日本、 環境:山地の湿地の日陰に群生、生活型:常緑多年草、葉色:明緑色、葉形:長い、両性花、花色:淡紅色、花茎長:15 cm、花序形:穂状花序、花冠:筒状で先端が6裂、花径:1 cm、雄蕊数:6本、果実:液果、開花期:9月~11月、果実色:赤紫。

詳細情報

キジカクシ
キジカクシ
キチジョウソウ
キチジョウソウ
花言葉
吉事 / Fortune ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
車形
葉のタイプ
広線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
低山
ピンク
開花時期
9月10月11月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
オウコチョウ_img
フトイ_img
フロックス・パニキュラータ_img

ランダムな花

トモエソウ_img
ヤマウルシ_img
チャボ・イランイランノキ_img
コガタシロアミメグサ_img
ウンシュウミカン_img
セイヨウニンジンボク_img
ロータス・ベルテロッティ_img
オオモクゲンジ_img
コゴメオトギリ_img
ハイビスカス ’ドロシー’_img
ハツシマカンアオイ_img
イワギリソウ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved