キバナアマ

  • キバナアマ_img_0

    キバナアマ @ フラワーパーク鹿児島

  • キバナアマ_img_1

    キバナアマ @ フラワーパーク鹿児島

基本情報

花名
キバナアマ
英名
Reinwardtia indica
学名
Reinwardtia indica
別名
ウンナンゲッコウカ, 黄花亜麻, 雲南月光花
原産地
中国雲南省、インド北部、パキスタン
生活型
常緑灌木

コメント

キバナアマ(黄花亜麻、学名:Reinwardtia indica)は、中国雲南省やインド北部、パキスタンの高山に生息するアマ科キバナアマ属の常緑灌木です。樹高は50〜150 cm程です。葉は緑色で互生し葉身は10 cmで先端が尖った長卵形をしています。花茎先端に1輪または数厘の濃黄色の五弁花を咲かせます。花径は4 cm程です。開花期は自然界では、11月〜翌年4月ですが、園芸品はもっと長期間咲いています。属名の「Reinwardtia」は、植物学者Caspar Georg Carl Reinwardt 氏への献名で、種小名の「indica」は原産地を指します。用途としては、花は黄色の染料に、樹木は鉢植えや庭植えにします。

一般名:キバナアマ(黄花亜麻)、学名:Reinwardtia indica(レインワルティア・インディカ、または、ラインバルト・インディカ)、別名:ウンナンゲッコウカ(雲南月光花)、レインワルティア、Yellow flax(イエローフラックス)、分類名(APG III):植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目アマ科キバナアマ属、原産地:中国雲南省、インド北部、パキスタン、環境:高山、生活型:常緑小高木、樹高:50〜150 cm、葉色:緑、葉序:互生、葉身:10cm程、葉形:先端が尖った長卵形、花径:4 cm、花弁数:5枚、花色:濃黄、開花期:11月〜翌年4月(園芸品種はもっと長い)、用途:黄色の染料(花)、鉢植えや庭植え(樹木)。

詳細情報

キントラノオ
アマ
キバナアマ
キバナアマ
花言葉
希望に満ちた / Hopeful ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鑑賞場所
高山
開花時期
1月2月3月4月11月12月
高さ
50 ~ 150 [cm]
花径
4 ~ 4

アクセスランキング(日別)

アリストロキア・サルバドレンシス_img
アルストロメリア_img
ロフォミルタス・キャサリン_img
マルバフジバカマ_img

ランダムな花

カスミソウ_img
クロコショウ_img
タイガーオーキッド_img
スイセイラン_img
アダン_img
サンシュユ_img
セロジネ・インターメディア _img
ベロニカ・オックスフォードブルー_img
マルバダケブキ_img
フウセントウワタ_img
ヤクシソウ_img
サルビア・レウカンサ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved