キャニモモ

  • キャニモモ_img_0
    キャニモモ @ 不明

基本情報

花名
キャニモモ
英名
Garcinia xanthochymus
学名
Garcinia xanthochymus
別名
タマゴノキ, 卵の木, False mangosteen, Garcinia xanthochymus, キヤニモモ, Canimomo
原産地
インド、ヒマラヤ西部 
生活型
常緑小高木

コメント

キヤニモモ(学名:Garcinia xanthochymus)は、インド、ヒマラヤ西部原産で、オトギリソウ科フクギ属の常緑小高木です。マンゴスティンや、フクギの仲間です。葉は皮質で光沢があり、細長い楕円形をしています。白花を咲かせた後、冬に、マンゴスティンと似た果実を実らせるので、英名では 'False mangosteen'、形が卵に似ているので’タマゴノキ(卵の木)’と呼ばれます。果実は酸味が強いので生食よりジャムやシャーベットに加工して食べます。キヤニモモという花名は果実に含まれる黄色いヤニのような物質を、ラテン語で「黄色い、乳汁」と言うことに因みます。

一般名:キヤニモモ、学名:Garcinia xanthochymus(ガルシニア・クサントキムス)、別名:タマゴノキ(卵の木)、Egg tree、Gamboge、False mangosteen、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目オトギリソウ科フクギ属、原産地:インド、ヒマラヤ西部、樹形:円錐形、樹高:10 m、葉質:皮質で光沢、葉形:長楕円形、葉序:対生、花色:白、花径:、果実形:球形(花痕部に突起)、収穫期:12月〜1月、果実色:緑→橙色、果実形:5 cm、用途:ジャム、シャーベット、生食(酸っぱい)。

詳細情報

キントラノオ
オトギリソウ
フクギ
キヤニモモ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室植物園
開花時期
1月12月
高さ
1000 ~ 1000 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

アサギリソウ_img
カワラナデシコ_img
マツバギク_img
ユリオプスデージー_img

ランダムな花

ユーカリ_img
タチバナモドキ_img
コウヤマキ_img
カモミール_img
セツブンソウ_img
オオハンゲ_img
パッションフルーツ_img
ホヤ・プビカリクス ‘キメラ’_img
コウフクノキ_img
薔薇ガルテンツァーバー’84_img
アジュガ_img
ヒョウタンボク_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved