かぎけん花図鑑

キンレンカ

基本情報
花名
キンレンカ
英名
Garden nasturtium
学名
Tropaeolum majus
別名
ノウゼンハレン, 金蓮花, ガーデンナスタチウム, garden nasturtium, Indian cress, ナスタチウム
原産地
南米のペルーやコロンビア、ブラジル
生活型
非耐寒蔓性多年草
コメント
キンレンカ(金蓮花 、学名:Tropaeolum majus)は、南米のペルー、コロンビア、ブラジル原産で、ノウゼンハレン科キンレンカ属の非耐寒多年草(春播き一年草)です。
ノウゼンハレン(凌霄葉蓮)とも呼ばれます。英名では、ガーデン・ナスタチウム(Garden nasturtium)と言い、日本では、通称、「ナスタチウム(Nasturtium)」と呼ばれますが、正確には、ナスタチウムは「クレソン」のことで別属の植物です。
花名は、葉がハス(蓮、学名:Nelumbo nucifera )の葉に似ており、花が金色に輝いていることに拠ります。葉の中央から白い葉脈が四方に広がっているのが特徴です。
春から秋までの長期間、黄色系の花を咲かせます。花は5弁花で通常は蜜を溜める距があります。
咲き方には、一重咲きや半八重咲き、八重咲きがあります。また、距の有無、矮性・蔓性、葉に斑が入るもの、早生種など、種類が多くあります。花や葉、蕾、若い果実がサラダやスープ、デザートなど食用となるになる「エデイブルフラワー」です。5月11日の誕生花です。花言葉は、「勝利、困難に打ち克つ、愛国心」。葉を盾に、赤い花を血に染まった鎧に見たてて敵に立ち向かったことに拠ります。
一般名:キンレンカ(金蓮花)、学名:Tropaeolum majus、別名:ノウゼンハレン(凌霄葉蓮) 、(ナスタチウム)、garden nasturtium、Indian cress、原産地:南米のペルー、コロンビア、ブラジル、生息分布:アンデス山脈などの高地、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アブラナ目ノウゼンハレン科ノウゼンハレン属キンレンカ種、原産地:南米のペルー、コロンビア、ブラジル、草丈:20~100 cm、葉形:円形~盾状、葉柄:長い、葉序:互生、左右相称花、花弁数:5、雄蕊数:8、子房:3、花色:黄・橙・赤、開花期:3月~11月、花径:5~7cm、子房:3真皮、果実型:分果。
詳細情報
アブラナ
ノウゼンハレン
ノウゼンハレン
キンレンカ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
盾形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
赤, 橙, 黄
開花時期
3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
高さ
20  ~ 100  [cm]
花径
5  ~ 7