ハス

Nelumbo nucifera

インドとマカオ、赤い品種はベトナムの国花

  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • 花名
    ハス
  • 学名
    Nelumbo nucifera
  • 別名蓮, Lotus, ロータス, レンコン, レンゲ, 蓮華
  • 原産地インド
  • 開花場所田んぼ
  • 開花期7月, 8月
  • 花言葉雄弁

ハスとは

ハス(蓮、学名:Nelumbo nucifera)はインド原産で、ハス科ハス属の耐寒性落葉多年草の水生植物です。世界の熱帯・温帯域の水田などで栽培されます。葉に撥水性があり水滴を弾きます。夏に薄桃色又は白花を咲かせます。仏教と深い縁があるとされます。花弁は16枚程あり中央に花托が有ります。この花托は発熱器官ともなっており常時30度以上を保っていると言われます。ハスの根をレンコン(蓮根)、果実を蓮の実と言いどちらも食用となります。大賀蓮という2000年前の蓮がありますが、これは大賀一郎博士により1951年に千葉で実を発掘し開花させたものです。ハス と似ている花にスイレン(睡蓮)があります。 違いは、ハスはハス科で、睡蓮は、スイレン科の植物です。花の咲き方は、ハスが水面から立ち上がって咲くのに対し、睡蓮は一部の熱帯性のものを除き、水面上で花を咲かせます。ハスには花中央に蜂巣状のカタク(果托)がありますが、睡蓮にカタクはありません。 葉は、ハスで立ち上がるものがありますが、睡蓮は水面上に浮かびます。 果実や根(地下茎)は、ハスが全草食べられるのに対し、睡蓮は食べられません。スイレン科で、通常、食用とされているものは、ジュンサイ(蓴菜)だけです。 蓮という花名が付く花に、チユウキンレン(地湧金蓮、学名:Musella lasiocarpa)がありますが、バショウ科という別科の多年草です。

一般名:ハス(蓮) 、学名:Nelumbo nucifera(ネルンボ・ヌキフェラ)、国花:インド、マカオ、ベトナム(赤い蓮)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ヤマモガシ目ハス科ハス属 、別名:ロータス(Lotus)、原産地:インド、 分布:世界の熱帯・温帯域 環境:蓮田、泥沼、池、水田、草丈:100~150cm、 葉色:緑、葉形:円形、葉径:30~50cm、葉縁:全縁、花色:桃・白、開花期:7月~8月、花径:10~25cm、花弁数:16枚、地下茎重量:1Kg、地下茎色:白、地下茎旬:11月〜翌年3月。


  • ヤマモガシ
  • ハス
  • ハス
  • ハス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    多弁形
  • 葉形
    円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性落葉多年草の水生植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 25.0 cm
  • 花径10.0 ~ 25.0 cm

ランダムな花