かぎけん花図鑑

クフェア・ヒッソピフォリア

基本情報
花名
クフェア・ヒッソピフォリア
英名
Cuphea hyssopifolia
学名
Cuphea hyssopifolia
別名
クフェア, Cuphea, メキシコハナヤナギ, クサミソハギ, ヒッソピフォリア
原産地
メキシコ
生活型
非耐寒性常緑小低木
コメント
クフェア・ヒッソピフォリア(学名:Cuphea hyssopifolia)はメキシコ原産で、ミソハギ科タバコソウ属の非耐寒性常緑小低木です。草丈が低く横に広がります。春から晩秋までの長期間、花茎から穂状花序を伸ばし赤紫色の小花を多数付けます。花は細長い萼筒で先端が6裂します。細長い小葉が対生で付きます。タバコソウ(煙草草)の仲間です。主に、生垣や寄せ植え、グランドカバーに用いられます。属名の「Cuphea」は「kyphos(キフォス(曲がる)」萼片が少し曲がることに拠ります。花言葉は「自由気まま」。
一般名:クフェア・ヒッソピフォリア(Cuphea hyssopifolia)、学名:Cuphea hyssopifolia、別名:クフェア(Cuphea)、メキシコハナヤナギ(メキシコ花柳)、クサミソハギ(草禊萩)、False Heather、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目ミソハギ科タバコソウ(クフェア)属、原産地:メキシコ、草丈:25〜60 cm、葉色:緑、開花期:4月〜11月、花径:1 cm、花色:ピンク、赤紫、紫、用途:生垣、寄せ植え、グランドカバー。
詳細情報
フトモモ
ミソハギ
タバコソウ
クフェア・ヒッソピフォリア
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
高杯形
葉のタイプ
倒披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
庭 公園
ピンク, 紫
開花時期
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
高さ
25  ~ 60  [cm]
花径
1  ~ 1