かぎけん花図鑑

コエビソウ

基本情報
花名
コエビソウ
英名
Mexican shrimp plant
学名
Justicia brandegeeana
別名
ベロペロネ, 小海老草, Beloperone, Beloperone guttata, False Hop, Shrimp Bush, shrimp plant, Mexican shrimp plant
原産地
メキシコ
生活型
熱帯性・半耐寒性常緑低木
コメント
コエビソウ(小海老草、学名:Justicia brandegeeana)は、メキシコ原産で、キツネノマゴ科キツネノマゴ属の熱帯性・半耐寒性常緑低木です。 赤褐色や黄褐色の花のように見える重なり合った苞が小海老に見立てて名付けられました。本当の花は苞間から出ている唇形をした小さな白花です。花の下唇には紫班があります。(小海老)草と呼ばれますが、実際には木(低木)です。 常緑で長期間、花(苞)が咲くので、鉢植えの観葉植物や、切り花として珍重されます。
一般名:コエビソウ(小海老草)、学名:Justicia brandegeeana、別名:ベロペロネ(Beloperone)、ベロペロネ・グッタタ(Beloperone guttata)、False Hop 、Shrimp Bush(シュリンプ・ブッシュ)、Mexican shrimp plant、shrimp plant、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目キツネノマゴ科キツネノマゴ属コエビソウ種、原産地:メキシコ、樹高:50~150 cm、葉序:対生、葉形:卵形、花色:白、苞色:緑・茶・赤褐色・黄褐色、花序高:7~10 cm 、開花期:5月~11月、花径:2~3 cm。
詳細情報
シソ
キツネノマゴ
キツネノマゴ
コエビソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
温室 切り花・生け花 観葉植物
開花時期
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
高さ
50  ~ 150  [cm]
花径
2  ~ 3