タチジャコウソウ

  • タチジャコウソウ_img_0
    タチジャコウソウ @ 自宅

基本情報

花名
タチジャコウソウ
英名
Comon thyme
学名
Thymus vulgaris
別名
コモンタイム, Comon thyme, Garden thyme, 立ち麝香草
原産地
地中海沿岸
生活型
常緑小低木

コメント

タチジャコウソウとは

タチジャコウソウ(立ち麝香草、学名:Thymus vulgaris)は、地中海沿岸原産で、シソ科イブキジャコウソウ属の常緑小低木です。
原産地では乾燥した砂礫に自生します。コモンタイム(Comon thyme)や、ガーデンタイム(Garden thyme)とも呼ばれます。
細い幹は真っ直ぐ伸びて良く分枝します。葉は小さく芳香があり肉厚で卵形をしており枝に叢生します。晩春から夏に、花茎先端に唇形をした薄桃色の小花を輪散花序に咲かせます。ハーブとして食用とされます。
タイムの仲間には、這性の、ヨウシュイブキジャコウソウ、別名:クリーピングタイム(Creeping thyme、学名:Thymus serpyllum L)があります。

一般名:タチジャコウソウ(立ち麝香草)、学名:Thymus vulgaris 、別名:コモンタイム(Comon thyme)、ガーデンタイム(Garden thyme)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目シソ科イブキジャコウソウ属 、原産地:地中海沿岸、環境:乾燥した砂礫、生活型:常緑小低木、草丈:20〜40cm、葉序:束性、葉色:緑 葉形:卵形 葉質:肉厚、芳香、花色:薄桃、小花形:唇形、花序形:輪散花序、開花期:5月〜8月、 用途:ハーブとして茶、料理、ポプリ、観賞用など、利用部位:葉、花、茎。

詳細情報

シソ
シソ
イブキジャコウソウ
タチジャコウソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
輪散花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
公園
ピンク
開花時期
5月6月7月8月
高さ
20 ~ 40 [cm]
花径
0.2 ~ 0.3

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
キク_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ハナヤエムグラ_img
リモニウム・スウォロウィー_img
ハイドランジア_img
ハッサク_img
ツバキ シラギク_img
ファレノプシス・プチミニ_img
エリカ・カナリクラータ_img
ピンクジンジャー_img
ホンダワラ_img
オオカニコウモリ_img
ツバキ フウキヒメ_img
リュウキュウアセビ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved