コルディリネ・テルミナリス 'リリノエ'

大きな羽箒

  • コルディリネ・テルミナリス 'リリノエ'_img_0
    コルディリネ・テルミナリス 'リリノエ' @ リマフリ・ガーデン(カウアイ島)

基本情報

花名
コルディリネ・テルミナリス 'リリノエ'
英名
Cordyline Terminalis 'Lilinoe'
学名
Cordyline fruticosa 'lilinoe'
別名
Lilinoe ti plant, Cordyline Terminalis 'Lilinoe', リリノエ・ティー・プラント, Cordyline, Cordyline fruticosa, コルディリネ・フルティコサ
原産地
園芸品種
生活型
低木、観葉植物、カラーリーフ

コメント

コルディリネ・テルミナリス 'リリノエ'とは

コルディリネ・テルミナリス(Cordyline Terminalis、学名:Cordyline fruticosa)は、東南アジアやパプアニューギニアなどが原産で、キジカクシ科センネンボク属の喬木です。地下部に多肉質の根茎があり食用とされます。葉は料理やフラダンスの衣装やレイ等に使われます。リリノエ( 'Lilinoe')はその園芸品種です。大きな羽箒に似た樹形をした茶黄金色の燃えるような葉色が一際目立ちます。観葉植物とされます。

一般名:コルディリネ・テルミナリス 'リリノエ'(Cordyline Terminalis 'Lilinoe')、学名:Cordyline fruticosa(コルディリネ・フルティコサ)、シノニム:Cordyline Terminalis c.v. Lilinoe(コルディリネ・テルミナス リリノエ)、別名Lilinoe ti plant(リリノエ・ティー・プラント、ハワイ語)、分類:植物界被子植物門単子葉類キジカクシ目キジカクシ科センネンボク属、原産地:園芸品種(Horticultural)、観賞期:周年、葉色:明るい赤茶色、葉形:長楕円形、葉長:30-60cm、葉幅:5-10cm、花色:黄、赤、果実形:球形、果実色:赤

詳細情報

キジカクシ
キジカクシ
センネンボク
コルディリネ・テルミナリス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
赤, 黄
開花時期
高さ
100 ~ 400 [cm]
花径
0.8 ~ 1

アクセスランキング(日別)

キク_img
コデマリ_img
フシグロセンノウ_img
アングロカステ_img

ランダムな花

ホソバカナワラビ_img
ビヨウタコノキ_img
セイヨウスモモ_img
ツバキ コンロンコク_img
ケンタッキーカーネルミント_img
カワヅザクラ_img
アイビーゼラニウム_img
カトレア マキシマ カーネア 'メイ' _img
ウメ フジボタン_img
ウメ ヤエカンコウ_img
ミヤマアズマギク_img
ヤツシロソウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved