コンニャク

  • コンニャク_img_0
    コンニャク @ SA
  • コンニャク_img_1
    コンニャク @ 不明

基本情報

花名
コンニャク
英名
Konjac
学名
Amorphophallus konjac
別名
コンニャクイモ, 蒟蒻, 蒟蒻芋, elephant foot
原産地
インド
生活型
夏緑多年草植物

コメント

コンニャクとは

コンニャク(蒟蒻、学名:Amorphophallus konjac)は、インド原産でサトイモ科コンニャク属の多年草です。6月初旬に球茎から緑色の葉を出します。3年以上経過した球茎を加工して食用します。5年~6年経過後の5月に茶褐色または暗紫色の仏縁苞に包まれた同色の肉穂花序に小花を咲かせます。苞内の下部に雌花、上部に黄色い雄花を咲かせます。開花期間中に葉は出ません。虫媒花なので虫をおびき寄せる為悪臭を出します。葉は1枚だけで小葉が多数出ています。食用となる部分は球茎部で、これを粉砕・精製して粉にしたものを水で捏ねて石灰乳を混ぜ、煮固めたものが「コンニャク」です。また、糸のように細長く切ったものを「シラタキ(白滝)」と言います。シラタキの他に、イトコンニャク(蒟蒻)またはイトコン(糸蒟)というものがありますが、昔は製法の違いや太さの違いがありましたが、今はどちらも同じ製法で作っています。ただ、呼び方の慣習として、関西と関東で、それぞれ、イトコン、シラタキと呼んでいるようです。コンニャクは低カロリーで繊維質が多くダイエット食品とされます。

一般名:コンニャク(蒟蒻)、学名:Amorphophallus konjac、別名:コンニャクイモ(蒟蒻芋)、Elephant foot(エレファント・フット)、分類名:植物界被子植物単子葉類オモダカ目サトイモ科コンニャク属、原産地:インド、生産分布:関東地方、特に群馬県を中心とする日本〜東南アジア、生活型:夏緑多年草植物、茎長:100~150 cm、雌雄異花、花色:茶褐色、花径:50 cm、花長:40~50 cm、開花期:5年~6年後の5月、結実期 8~9 月、果実色:赤熟。

詳細情報

オモダカ
サトイモ
コンニャク
コンニャク
花のタイプ
放射相称花
花の配列
肉穂花序
花弁の形
葉のタイプ
その他
葉の縁
羽状深裂
鑑賞場所
茶, 紫
開花時期
5月
高さ
100 ~ 100 [cm]
花径
50 ~ 50

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
ゴジアオイ_img

ランダムな花

シュロチク_img
クラリセージ_img
カラタチ_img
コンブ(昆布)_img
ワサビナ_img
マクワウリ_img
シャガ_img
カレープラント_img
ツバキ ウタマロ_img
モモ_img
ネソコドン・モーリティアヌス_img
ツバキ ハナダイジン_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved