かぎけん花図鑑

ダイミョウチク

基本情報
花名
ダイミョウチク
英名
Sinobambusa tootsik
学名
Sinobambusa tootsik
別名
トウチク, 大名竹, 唐竹
原産地
中国南部~台湾
生活型
多年生常緑竹
コメント
ダイミョウチク(大名竹、学名:Sinobambusa tootsik)は、中国南部~台湾原産で、イネ科トウチク属の多年生常緑竹です。節と節の間が60〜80 cmと長く、剪定により節部に葉を密集させることができて美しいです。生垣や庭園竹とされます。穂状花序に小穂(花弁が無く雌蕊が長い)をつけます。梅雨時に出るタケノコ(筍)は皮色が紫をしており食用とされます。皮の紫色は成長して竹になっても節の部分で見られます。属名の’Sinobambusa’は’Sino’(中国)+'bambusa’(ホウライチク)の造語、” tootsik”は「トウチク(唐竹)の)という意味です。
一般名:ダイミョウチク(大名竹)、学名:Sinobambusa tootsik、別名:トウチク(唐竹)、分類名:イネ科トウチク属、原産地:中国南部~台湾、生活型:多年生常緑竹、樹高:5〜8 m、樹径:3〜5 cm、葉形:披針形、筍時期:6月、皮色:紫、花弁:無、開花期:殆ど咲かない。
詳細情報
イネ
イネ
トウチク
トウチク
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
小穂
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
クリーム
開花時期
高さ
500  ~ 800  [cm]
花径
1  ~ 1