かぎけん花図鑑

ディアスキア・バーベラエ

基本情報
花名
ディアスキア・バーベラエ
英名
Twinspur
学名
Diascia barberae
別名
Diascia, Twinspur, ディアスキア, ニカクソウ, 二角草
原産地
南アフリカ・ケープ地方
生活型
耐寒性常緑一年草/多年草
コメント
ディアスキア・バーベラエ(学名:Diascia barberae)は、南アフリカ・ケープ地方の山岳地帯原産で、ゴマノハグサ科ディアスキア属の耐寒性常緑一年草です。アフリカに70種類ほど生息します。花の形は口唇形で下唇の裏側に2本の距(きょ)があるので、別名をニカクソウ(二角草)や英語でもツインスパー(twinspur)と呼ばれます。生育が旺盛で日陰にも強い方で、晩春〜晩秋の長期間に多数の花を咲かせます。花名の由来は、ギリシャ語で、ディス:2つの、アスコス:袋 の造語から出来ており、花に2本の距があることに因みます。花言葉は「私を許して」。花言葉の由来は、花弁の裏側からにょっと出る2本の距(きょ)を、両手を上げて拝むように許しを請う人の姿に見立てたのでしょうか。ディアスキア・バーベラエ(D. barberae)は一年草で、モルテネンシス(D. moltenensis)やリゲスケンス(D. rigescens)は多年草です。ディアスキア 'ディアモンテ・コーラルローズ'(Diascia 'diamonte coralrose')は、半耐寒性多年草で濃桃色の花を咲かせる品種です。
一般名:ディアスキア・バーベラエ(Diascia barberae)、学名:Diascia barberae、別名:ニカクソウ(二角草)、ツインスパー(twinspur)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目ゴマノハグサ科ディアスキア属、原産地:南アフリカ・ケープ地方、環境:山岳地帯、生活型:一年草、草丈:20〜50cm、茎:細長、葉形:三角状卵形、葉序:対生、葉縁:鋸歯有、花序:総状花序、花径:2cm、花色:朱色、桃色、白、距:下唇に2本の距(きょ)ある、開花期:5月〜11月、備考:生育が旺盛で半日陰性があり長期間多数の花を咲かせる、用途:花壇、寄せ植え、プランター、ハンギング。
詳細情報
シソ
ゴマノハグサ
ディアスキア
ディアスキア・バーベラエ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山 海外 低山
ピンク, 紫, 橙, 白
開花時期
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
高さ
20  ~ 50  [cm]
花径
2  ~