トキワツユクサ

  • トキワツユクサ_img_0
    トキワツユクサ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
トキワツユクサ
英名
Tradescantia fluminensis
学名
Tradescantia flumiensis
別名
ノハカタカラクサ, 常盤露草, 野博多唐草
原産地
南米
生活型
常緑多年草

コメント

トキワツユクサとは

トキワツユクサ(常盤露草)は南米原産でツユクサ科ムラサキツユクサ属の常緑多年草です。観賞用に南米から取り入れられた斑入りシロフハカタカラクサ(白斑葉博多唐草、ラデスカンチア・フルミネンシス‘ヴァリエガタ’、学名:Tradescantia fluminensis 'Variegata')が野生化し、斑が消えたとされます。葉は一年中緑色で、先端が尖った長楕円状卵形をしており全草がほぼ無毛です。葉は互生してつきます。梅雨時から夏に、ツユクサ(露草)に似た葉を持つ、小さな白花を叢で群生させます。頂上の葉腋から花柄を出し3弁花を1〜3個ずつ付けます。雄蕊は6本で、それぞれの先端に黄色い葯があり、それを白い花糸が支えています。雄蕊には多数の長い繊毛が密生しています。中央に1本の雌蕊があります。花名の由来は葉が常緑でツユクサに似ているからです。

一般名:トキワツユクサ(常盤露草)、学名:Tradescantia flumiensis、別名:ノハカタカラクサ(野博多唐草)、Wandering jew、分類名:植物界被子植物門双子葉植物サトイモ目ツユクサ科ムラサキツユクサ属、原産地:南米、環境:樹下の湿った半日陰、 生活型:常緑多年草、草丈:20〜50 cm、葉色:緑、葉形:卵状楕円形〜楕円形で先端が尖る、葉長:5〜7 cm、葉序:互生、 花の付く場所:先頭の葉腋から花柄を出し1〜3個の花を付ける、花色:白、花径:1.5 cm、花形:三角形、花弁数:3、開花期:6月〜8月。

詳細情報

ツユクサ
ツユクサ
ムラサキツユクサ
トキワツユクサ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
3弁花
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
6月7月8月
高さ
20 ~ 50 [cm]
花径
1.5 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
マンゴー_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

アセロラ_img
ハナカンザシ_img
メハジキ_img
クワガタソウ_img
オランダミミナグサ_img
ヤエドクダミ_img
キバナノヤマオダマキ_img
コマツナ_img
ピンクバーベイン_img
ハナノキ_img
ビワモドキ_img
ロフォミルタス・キャサリン_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved