ドクダミ

  • ドクダミ_img_0
    ドクダミ @ 城ヶ崎海岸
  • ドクダミ_img_1
    ドクダミ @ 東京都内
  • ドクダミ_img_2
    ドクダミ @ 東京都内

基本情報

花名
ドクダミ
英名
Houttuynia cordata
学名
Houttuynia cordata
別名
十薬, ジュウヤク, 折耳根, 截儿根
原産地
東アジア
生活型
落葉多年草

コメント

ドクダミとは

ドクダミ(学名:Houttuynia cordata)は東アジア原産でドクダミ科ドクダミ属の落葉多年草(宿根草)です。花の少ない梅雨時に群生して咲く涼しげな白い4弁花(実は花ではない)が珍重されます。根を引き抜いた時の悪臭や、和名の毒ダミという花名からは単なる雑草と思われがちですが、別名を十薬(ジュウヤク)と言うように、毒や痛みへの優れた薬効が知られます。白花のように見えるのは花ではなく、苞葉(ホウヨウ)、または総苞(ソウホウ)と呼ばれるものです。本当の花は、苞葉の上にのっている花穂につく筒状の小さな黄色い部分です。この黄色い花は、ヤナギ(柳)や、トウダイグサと同様、「無花被花(achlamydeous flower)」と呼ばれるもので、花弁や萼の無い花のことを言います。葉はハート型をしており、互生してつきます。地下茎の節から赤紫色の茎が出て枝分かれし、伸張して繁殖します。昨今では、乾燥させて健康茶としたり、観賞用の挿し花や鉢植え、庭植えにされます。ドクダミ・カメレオンは、葉に斑が入た品種で、学名:Houttuynia cordata cv. Variegata、別名:五色ドクダミとも言います。

一般名:ドクダミ、学名:Houttuynia cordata、別名:十薬(ジュウヤク)、折耳根、截儿根、分類名:植物界被子植物真正双子葉類コショウ目ドクダミ科ドクダミ属、原産地:東アジア、茎丈:20〜30 cm、葉色:暗緑色、開花期:5月~6月、花色:筒状花の黄色(白い4弁花に見えるのは苞葉)。

詳細情報

コショウ
ドクダミ
ドクダミ
ドクダミ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
黄, 白
開花時期
5月6月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
2 ~ 3

アクセスランキング(日別)

ネジバナ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
ハルシャギク_img

ランダムな花

ホウライカガミ_img
シロバナイワタバコ_img
イチイ_img
プレクトランサス ’ミラクル・レインボー’ _img
胡蝶蘭ミディ ’ピンク・バレリーナ’_img
マコモ_img
ムカゴトラノオ_img
ツバキ リトル・スラム_img
ツバキ アヤメドリ_img
オオキンケイギク_img
パフィオ・エメラルド ゲート 'グリーン グローブ'_img
モンキーオーキッド_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved