ナガバビカクシダ

  • ナガバビカクシダ_img_0
    ナガバビカクシダ @ 新宿御苑温室
  • ナガバビカクシダ_img_1
    ナガバビカクシダ @ 新宿御苑温室

基本情報

花名
ナガバビカクシダ
英名
Platycerium willinckii
学名
Platycerium willinckii
別名
プラティケリウム・ウィリンキー, 長葉麋角羊歯, Platycerium willinckii, コウモリラン
原産地
ジャワ(インドネシア)
生活型
常緑多年性着生シダ

コメント

ナガバビカクシダとは

ナガバビカクシダ(長葉麋角羊歯、学名:Platycerium willinckii)は、ジャワ原産で、ウラボシ科ビカクシダ属の常緑多年性シダです。樹上に着生するシダです。学名のウィリンキー(P. willinckii)という名前でも呼ばれます。麋角羊歯には、胞子葉と呼ばれる鹿角のような大きな葉と、外套葉と呼ばれる幾重にも重なった貯水用の葉から構成され、胞子葉の裏には生殖用の胞子が多数付きます。この長葉麋角羊歯(Platycerium willinckii)の胞子葉はビカクシダのものより長く、大鹿の角(つの)のような形をしており、2葉が対となって成長します。保水葉は褐色になりやすいです。世界には18種のビカクシダ(麋角羊歯)があります。仲間には、代表的なビフルカツム(Platycerium bifurcatum)や、ニューギニア原産で外套葉が2段あるプラティケリウム・ワンデ(Platycerium wandae)、大形のグランデ(P. grande)とスペルブム(P. superbum)等があります。

一般名:ナガバビカクシダ(長葉麋角羊歯)、学名:Platycerium willinckii、シノニム:Alcicornium、別名:プラティケリウム・ウィリンキー(Platycerium willinckii)、Java staghorn fern(ジャワ・スタッグホーン・ファーン)、コウモリラン、分類名:分類名:植物界シダ植物門シダ綱ウラボシ目ウラボシ科ビカクシダ属、原産地:ジャワ(インドネシア)。

詳細情報

ウラボシ
ウラボシ
ビカクシダ
ナガバビカクシダ
花のタイプ
その他
花の配列
その他
花弁の形
その他
葉のタイプ
その他
葉の縁
鑑賞場所
温室観葉植物
開花時期
高さ
10 ~ 150 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
オウコチョウ_img
シロザ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

ノケイトウ_img
ツタバキリカズラ_img
キャラウェイ_img
リシマキア・ヌンムラリア 'マネーワート'_img
ボタンボウフウ_img
クマガイソウ_img
山紫陽花 'マイコアジサイ'_img
ジュウリョウ_img
フウセンカズラ_img
ニューサウスウェールズ・クリスマスブッシュ_img
イワナシ_img
ラフレシア・アルノルディー_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved