かぎけん花図鑑

ニリンソウ

基本情報
花名
ニリンソウ
英名
Wild flower
学名
Anemone flaccida
別名
ガショウソウ, 鵝掌草, Wild flower, 鹅掌草, 二輪草
原産地
日本〜中国
生活型
耐寒性多年草(宿根草)
コメント
ニリンソウ(学名:Anemone flaccida)は、日本〜中国原産で、キンポウゲ科イチリンソウ属の耐寒性多年草(宿根草)です。春に、低山の林床や林縁に大群落を作ります。ニリンソウは花被が1つの単花被花です。根生葉は深く裂けており、茎葉に葉柄はありません。根出葉の中から茎を1〜3本出し、1本の茎から花茎を二本以上出し花茎先端から伸びた花序に梅に似た清楚な白い小花を2輪咲かせます。花名は1本の茎に花がニ輪以上付くことに拠ります。花や葉、茎などの全草が食用とされ、お浸しなどにして食べられます。根茎は漢方薬の材料となりウマチなどの疼痛に効くとされます。1本の茎に花が一輪咲くものにイチリンソウ(一輪草)があります。両者は、葉、花とも似ていますが、花はイチリンソウの方が、ニリンソウの倍ほどあり大きいです。
一般名:ニリンソウ(二輪草)、学名:Anemone flaccida、別名:ガショウソウ(鵝掌草)、Wild flower(ワイルドフラワー)、鹅掌草(中国語)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科イチリンソウ属ニリンソウ種、原産地:日本〜中国、生息環境:低山の林床や林縁に大群落、草丈15〜25 cm、茎葉:3個輪生、小葉:羽状深裂、単花被花、両性花、花弁色:白、花径:2 cm、雄蘂:多数、雌蘂:複数、開花期:3月〜5月、果実型:液果、備考:虫媒花。
詳細情報
キンポウゲ
キンポウゲ
イチリンソウ
ニリンソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
羽状深裂
鑑賞場所
低山
開花時期
3月 4月 5月
高さ
15  ~ 25  [cm]
花径
2  ~ 2