オクラ

Abelmoschus esculentus

  • オクラ
  • オクラ
  • オクラ
  • オクラ
  • オクラ
  • オクラ
  • 花名
    オクラ
  • 学名
    Abelmoschus esculentus
  • 別名アメリカネリ, Okra
  • 原産地アフリカ東北部
  • 開花場所
  • 開花期7月, 8月

オクラとは

オクラ(Okra、学名:Abelmoschus esculentus )は、アフリカ東北部原産でアオイ科オクラ属の非耐寒性の多年草/一年草及び若鞘のことを言います。 英名でも、"Okra" と呼ばれます。 原産地はアフリカ東北部の温帯地域~熱帯地域で、葉形は掌状をしており薄黄色い花弁で中央が暗赤色。 花は夜から朝にかけて咲きます。若い鞘は食用とされ、粘り気と独特の風味があります。  断面は星型が一般的ですが、沖縄産の丸型もあります。 ビタミン類が多く含まれる栄養素豊富な野菜です。 調理方法はそのまま天ぷらか、湯掻いて刻んで和え物やスープに用いられます。 旬は夏ですが、一年中出回っています。
主に、花を観賞する ハナオクラ(学名:Abelmoschus manihot、花オクラ)もあります。

一般名:オクラ(Okra) 、学名:Abelmoschus esculentus 、 別名:アメリカネリ 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱アオイ目アオイ科オクラ属 、原産地:アフリカ東北部、環境:温帯地域~熱帯地域、生活型:非耐寒性の多年草/一年草、草丈:200 cm、葉形:掌状、葉縁:鋸歯有り、葉序:互生、花色:黄色い花弁で中央が暗赤色、開花時間:夜行性の一日花、開花期:7月~8月、花弁数:5枚、果実:蒴果、食用部分:若い鞘、風味:粘り気、果実長:10~20 cm、断面形:星型・丸型、果実:柱状で先端が尖る、湯掻いて刻んで和え物、スープ、旬:夏(一年中出回る)。


  • アオイ
  • アオイ
  • オクラ
  • オクラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型非耐寒性の多年草/一年草
  • 花の色黄 薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 200.0 cm
  • 花径5.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花