マタタビ

Actinidia polygama

  • マタタビ
  • マタタビ
  • マタタビ
  • マタタビ
  • 花名
    マタタビ
  • 学名
    Actinidia polygama
  • 別名木天蓼
  • 原産地日本~朝鮮半島
  • 開花場所
  • 開花期6月, 7月

マタタビとは

マタタビ(木天蓼、学名:Actinidia polygama)は、日本~朝鮮半島原産で、マタタビ科マタタビ属の落葉蔓性低木です。北海道~四国、九州で山地の林縁に自します。雌雄異株です。雄株には雄蕊だけを持つ雄花を、両性株には雄蕊と雌蕊を持った両性花を咲かせます。夏に白花を下向きに咲かせます。ハンゲショウ(半夏生、半化粧、学名:Saururus chinensis)ハンカチノキ(ハンカチの樹、学名:Davidia involucrata)のように花が咲く時期に葉の一部が白くなります。蕾や花のように見える虫こぶ虫癭果)が形成されることがあります。猫にマタタビといわれるように、イヌハッカと同様、ネコが恍惚を感じるとされます。

一般名:マタタビ(木天蓼)、学名:Actinidia polygama、原産地:日本~朝鮮半島原産、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目マタタビ科マタタビ属マタタビ種、葉序:互生、葉身長:2~7 cm、葉形:卵形~楕円形、葉縁:鋸歯、開花期:6月~7月、花径:2 cm、花色:白、果実径:2~2.5 cm、果実形:長楕円形、結実期:晩秋、果実色:黄緑色~橙色。


  • ツツジ
  • マタタビ
  • マタタビ
  • マタタビ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉蔓性低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ ~ cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花