サルナシ

Actinidia.arguta

  • サルナシ
  • サルナシ
  • サルナシ
  • サルナシ
  • サルナシ
  • サルナシ
  • 花名
    サルナシ
  • 学名
    Actinidia.arguta
  • 別名
  • 原産地日本~朝鮮半島
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期6月, 7月
  • 花言葉「誘惑」

サルナシとは

サルナシ(猿梨、学名:Actinidia arguta)は日本~中国原産でマタタビ科マタタビ属の落葉性蔓植物です。日本全国の山間部に自生します。ラクチカズラ、シラクチヅルとも呼ばれます。日本で同属と言えば、マタタビ(木天蓼、学名:Actinidia polygama)や、シマサルナシ(Actinidia rufa)、ミヤママタタビ(A. kolomikta)があります。中国には、オニマタタビ(シナサルナシ、A.chinensis)があり、それを品種改良したものがキウイフルーツです。キウィフルーツの果実に似ており、ずっと小さくして外皮に毛がありません。果実は「こくわ」や「ベビーキウイ」とも呼ばれます。荒廃地や荒れ地でも栽培できます。赤い蔓が他の植物に絡みついて成長します。サルナシの品種には光香、貫太郎、里泉、茂緑、長寿郎、峰香などがあります。

一般名:サルナシ(猿梨)、学名:Actinidia arguta、又名:原産地:日本~中国大陸、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目マタタビ科マタタビ属サルナシ種、蔓長:3~50m、蔓径:5cm、蔓色;赤茶色、葉柄長:2-8cm、葉序:互生、葉身長:6-10cm、葉形:卵形~楕円形、葉縁:鋸歯、開花期:5月~6月初旬、花径:1~1.5 cm、花色:白、花弁数&萼片数:5、葯色:黒紫色、花序形:集散花序、花冠形:五弁花、果実径:2-3 cm、果実形:長楕円形、結実期:9月下旬~11月上旬、果実色:緑色、果皮色:緑→淡緑黄色、用途生食、果実酒、ジュース、ジャム、砂糖漬け、蔓はつり橋材料。


  • ツツジ
  • マタタビ
  • マタタビ
  • サルナシ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉蔓性低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花