アルカネット

Alkanna tinctoria

  • アルカネット
  • アルカネット
  • アルカネット
  • アルカネット
  • 花名
    アルカネット
  • 学名
    Alkanna tinctoria
  • 別名アルカンナ, Alkanet
  • 原産地ヨーロッパ南東部、北アフリカ
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月, 7月

アルカネットとは

アルカネット(Alkanet、学名:Alkanna tinctoria)は、ヨーロッパ南東部原産で、ムラサキ科ウシノシタグサ属の多年草です。茎には硬い毛があり、ざらついた感じがします。春~夏に、小さな青紫色の花を咲かせます。根にアルカンニン(alkannin)という紅色色素を持つので染料の原料に、葉には芳香があるのでポプリにされます。但し、肝臓毒があるので食用とはしません。古代エジプト時代から根は化粧用紅色染料として使われました。

一般名:アルカネット(Alkanet)、学名:Alkanna tinctoria、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムラサキ目ムラサキ科ウシノシタグサ属アルカネット種、原産地:ヨーロッパ南東部、草丈:10~30 cm、開花期:5月~7月、花径:0.5~0.8 cm、花色:濃青色、青紫色。


  • ムラサキ
  • ムラサキ
  • ウシノシタグサ
  • アルカネット
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    さそり型花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    腎臓形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草、染料
  • 花の色紫 青
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 30.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.8 cm

ランダムな花