ハケイトウ

Amaranthus tricolor

  • ハケイトウ
  • ハケイトウ
  • ハケイトウ
  • ハケイトウ
  • ハケイトウ
  • ハケイトウ
  • ハケイトウ
  • ハケイトウ
  • ハケイトウ
  • ハケイトウ
  • 花名
    ハケイトウ
  • 学名
    Amaranthus tricolor
  • 別名アマランサス・トリカラー, 葉鶏頭, Amaranthus tricolor, ガンライコウ, 雁来紅, Amaranthus, ハゲイトウ, パーフェクタ・トリカラー
  • 原産地熱帯アジア
  • 開花場所庭, 切り花・生け花, 鉢花
  • 開花期8月, 9月, 10月
  • 花言葉不老不死

ハケイトウとは

ハケイトウ(葉鶏頭、学名:Amaranthus tricolor cv.)は熱帯アジア原産で、ヒユ科の非耐寒性一年草です。アマランサス・トリカラー(Amaranthus tricolor)、パーフェクタ・トリカラーとも呼ばれます。初秋に鮮やかに色づいて美しい葉が主として鑑賞されます。葉は互生します。葉の色や模様、形、大きさが多様化しており多数の品種があります。花は、小さな紫色花で葉脇に生えます。アマランスの仲間には、ヒモケイトウ(紐鶏頭、Amaranthus caudatus:アマランサス・カウダツス)や、スギモリケイトウ(Amaranthus cruentus)があります。また、別属(ケイトウ属)で近縁で、花を鑑賞するケイトウ(セロシア)や、クルメゲイトウ(久留米鶏頭)があります。

一般名:ハケイトウ(葉鶏頭) 、学名:Amaranthus tricolor、別名:アマランサス・トリカラー(Amaranthus tricolor)、アマランサス(Amaranthus)、ガンライコウ(雁来紅)、カマツカ、分類名:植物界被子植物単子葉類ナデシコ目ヒユ科ヒユ属、原産地:熱帯アジア、草丈:30〜150 cm、葉形:披針形、葉色:紅・淡紅・赤・黄、観賞期:8月~10月。


  • ナデシコ
  • ヒユ
  • ヒユ
  • ハゲイトウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型非耐寒性一年草
  • 花の色黄 赤
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 150.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花