ヒメシャクナゲ

Andromeda polifolia

  • ヒメシャクナゲ
  • ヒメシャクナゲ
  • ヒメシャクナゲ
  • ヒメシャクナゲ
  • ヒメシャクナゲ
  • ヒメシャクナゲ
  • ヒメシャクナゲ
  • ヒメシャクナゲ
  • ヒメシャクナゲ
  • ヒメシャクナゲ
  • 花名
    ヒメシャクナゲ
  • 学名
    Andromeda polifolia
  • 別名ニッコウシャクナゲ, Bog-rosemary, 姫石楠花, 日光石楠花, marsh holy-rose, marsh holywort
  • 原産地北半球北部
  • 開花場所湿地, 植物園, 低山, 亜高山, 北海道, 特定の地域
  • 開花期6月, 7月

ヒメシャクナゲとは

ヒメシャクナゲ(姫石楠花、学名:Andromeda polifolia)は、北半球北部原産で、ツツジ科ヒメシャクナゲ属の耐寒性常緑小低木です。本種一つだけでヒメシャクナゲ属を構成します。北海道と本州の、低地〜亜高山の高層湿原に生息します。葉は披針形で内側に巻きます。夏に散形花序を伸ばし桃色の小さな壺型の花を下向に数個つけます。花冠の先端は5浅裂します。

一般名:ヒメシャクナゲ(姫石楠花)、学名:Andromeda polifolia、別名:ニッコウシャクナゲ(日光石楠花)、Bog-rosemary、marsh holy-rose、marsh holywort、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科ヒメシャクナゲ属、原産地:北半球北部、生息分布:北海道、本州、環境:低地〜(亜)高山の高層湿原、生活型:常緑小低木、樹高:10~30cm、葉身:1.5-3.5cm、葉形:楕円状披針形で先端が尖る、葉序:互生、開花期:6~7月、花序形:散形花序、花色:桃色で花冠先端は5浅裂、花冠長:0.5cm、花形:壺型、花の咲き方:下向き、花色:ピンク、果実形:球形、果実型:朔果。


  • ツツジ
  • ツツジ
  • ヒメシャクナゲ
  • ヒメシャクナゲ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    壺形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性常緑小低木
  • 花の色桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 30.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花