アネモネ

Anemone spp

  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • アネモネ
  • 花名
    アネモネ
  • 学名
    Anemone spp
  • 別名ボタンイチゲ, Anemone
  • 原産地園芸品種、地中海沿岸
  • 開花場所庭, 園芸品種
  • 開花期3月, 4月, 5月
  • 花言葉あなたを信じて待つ、赤:「君を愛す」

アネモネとは

アネモネ(Anemone、学名:Anemone spp.)は、地中海沿岸原産で、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草です。近年は園芸品種が多く育種され、矮性品種から高性品種まであります。花色も、赤・桃・紫・藍・白と豊富です。春に咲く花は牡丹を小さくしたような花です。代表的な品種に、アネモネ・コロナリア(A. coronaria)と、アネモネ・ブランダ(A. blanda)があります。コロナリア(coronaria)は、別名でボタンイチゲ、または、ハナイチゲ、ベニバナオキナグサ(紅花翁草)と呼ばれます。コロナリア(coronaria)はブランダ(blanda)より草丈が高く、花径も大きく、花色が豊富です。また、咲き方は、ブランダ(blanda)が一重咲きなのに対し、コロナリア(coronaria)は一重咲きと八重咲きがあり、菊咲き、デカン咲きのようなタイプもあります。アネモネとはラテン語で「風」。

花言葉は、色により異なり、赤花:「君を愛す」、白:「期待」、ピンクは待望、青は信じて待つ、紫はあなたを信じて待つ。「風」の吹くまま、(相手の)気の向くままだとちょっとですね。

一般名:アネモネ(Anemone)、学名:Anemone spp.、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科イチリンソウ属アネモネ種、別名:ボタンイチゲ(牡丹一花、牡丹一華、牡丹一毛)、ハナイチゲ(花一花、花一華、花一毛)、ベニバナオキナグサ(紅花翁草)、原産地:地中海沿岸・園芸品種、草丈:5〜60 cm、花弁:無、花径(実際は萼片径):3.5〜10 cm、花色:赤・桃・紫・藍・白、開花期:3月ー5月、備考:風媒花、全草に毒有り。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • イチリンソウ
  • アネモネ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    仮面状花冠
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
  • 生活型多年草(球根植物)
  • 花の色赤 白 黄 紫 青 桃
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ5.0 ~ 60.0 cm
  • 花径3.5 ~ 10.0 cm

ランダムな花