パンノキ

Artcarpus altilis

  • パンノキ
  • パンノキ
  • パンノキ
  • パンノキ
  • パンノキ
  • パンノキ
  • 花名
    パンノキ
  • 学名
    Artcarpus altilis
  • 別名Artcarpus altilis, Breadfruit, ブレッドフルーツ
  • 原産地ポリネシア
  • 開花場所植物園, 亜熱帯地域
  • 開花期1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

パンノキとは

パンノキ(パンの木、学名:Artcarpus altilis)は、ポリネシア原産で、クワ科パンノキ属の熱帯性常緑高木です。英名では、Breadfruit(ブレッドフルーツ)と言います。果実には炭水化物が含まれ、太平洋諸島では主食とされます。葉は緑色の葉は掌状で7、8深裂します。花は雌雄異花で同じ木に雌花と雄花が両方着きます。 雌花は球形で穂状をしており、雄花は根棒状をしています。果実は表面がザラザラしています。果実は 球形で、同属には、果実が長いジャックフルーツ(Jackfruit、学名:Artocarpus heterophyllus)、又名で、パラミツ(波羅密)や、ナガミパンノキがあります。
果皮は最初緑色で、熟すと黄色くなります。 果実径は20~30 cmと子共の頭ほどもあります。 皮を剥くと現れる白い果肉を食用としますが、でんぷん質に富んでおり、じゃが芋や甘くないサツマイモのような味で、蒸す、焼く、発酵させるなどして加熱して食べます。 繁殖は種蒔や分根で行います。樹木は、街路樹や、公園樹、熱帯地方の日蔭樹とし、果肉は食料とされます。

■事件に関係した植物
映画にもなった「バウンティ号の反乱」(1789年)の主要植物で、パンノキが悪い訳ではなく主食とされることが災いでした。それは大航海時代に英国が植民地とした西インド諸島の奴隷に与える安い食物として「パンノキ」の幼苗をタヒチから輸送する汎用船(物資運搬船)で起きた事件です。

一般名:パンノキ(パンの木)、学名:Artcarpus altilis(アルトカルプス・アルティリス)、別名:Breadfruit(ブレッドフルーツ)、分類名:類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目クワ科パンノキ属(アルトカルプス属)、原産地:ポリネシア、生活型:常緑高木、樹高:15~20 m、株:単生雌雄同株・異花で同じ木の葉腋に付く、開花:周年、雌花序:8~10 cm 長で緑色をした球形の頭状花序、雄花序:15~20 cmで黄色の穂状(根棒状)、花冠:無し、葉質:皮質、葉色:濃緑色、葉形:7、8裂の掌状、葉長:20~60 cm、葉序:互生、果実:集合果、果皮色:黄緑色、果実径:20~30 cm、果実重量:1~5 Kg、果実質:でんぷん質、果実形:球状または楕円形、果肉色:白、食べ方:果肉を蒸す・焼く・発酵させるなど加熱して食べる、果肉味:じゃが芋や甘くないサツマイモのような味、繁殖方法:種蒔・分根、用途:街路樹、公園樹、観葉植物、熱帯地方の日蔭樹、太平洋諸島では主食、備考:同属にジャックフルーツ(パラミツ)があります。


  • バラ
  • クワ
  • パンノキ
  • パンノキ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    イチジク型花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型熱帯性常緑高木、果樹
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1500.0 ~ 2000.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花