マウイ・ワームウッド

Artemisia mauiensis

  • マウイ・ワームウッド
  • マウイ・ワームウッド
  • 花名
    マウイ・ワームウッド
  • 学名
    Artemisia mauiensis
  • 別名Artemisia mauiensis, Wormwood, アルテミシア・マウイエンシス, Maui wormwood, ワームウッド
  • 原産地マウイ島(ハワイ島)
  • 開花場所特定の地域
  • 開花期6月, 7月, 8月

マウイ・ワームウッドとは

マウイ・ワームウッド(学名:Artemisia mauiensis)はマウイ島原産で、キク科ヨモギ属の多年草です。ハワイ諸島のマウイ島ハレアカラ山頂のみに自生する希少種で葉は銀色の羽毛で覆われ銀色に見えます。自生地のマウイを花名に付けたMaui wormwooや、学名のアルテミシア・マウイエンシス(マウイのヨモギの意)とも呼ばれます。
アルテミシア(Artemisia)という属名は、ギリシャ神話の月の女神アルテミスに拠ります。
同属で、同様に銀色の葉を持つアサギリソウ(朝霧草、学名:Artemisia schmidtiana)と似ていますが、ワームウッドの方が木質化しています。
同じく同属に、worm wood(ワームウッド)と呼ばれるニガヨモギ(苦蓬、学名:Artemisia absinthium)があります。

一般名:ワームウッド(Maui wormwood)、学名:Artemisia mauiensis(アルテミシア・マウイエンシス)、シンオニムズ(Synonyms):Artemisia australis var. mauiensis、別名:wormwood、Artemisia mauiensis(アルテミシア・マウイエンシス)、Āhinahina(ハワイ語)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科ヨモギ属、原産地:ハレアカラ山頂(マウイ)、生活型:多年草、草丈:60-120 cm、葉色:銀色、葉長:15 cm、葉序:互生、葉色:銀色、花色:薄黄、橙色、開花期:6月~8月、寿命:5年以上。


  • キク
  • キク
  • ヨモギ
  • マウイワームウッド
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 120.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花