ノコンギク

Aster microcephalus var. ovatus

  • ノコンギク
  • ノコンギク
  • ノコンギク
  • ノコンギク
  • ノコンギク
  • ノコンギク
  • 花名
    ノコンギク
  • 学名
    Aster microcephalus var. ovatus
  • 別名
  • 原産地日本
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期8月, 9月, 10月, 11月

ノコンギクとは

ノコンギク(野紺菊、学名:Aster microcephalus var. ovatus)は、日本原産で、キク科シオン属の耐寒性多年草です。晩夏~秋に、花茎から散房花序を伸ばし青紫色の頭花を咲かせます。

一般名:ノコンギク(野紺菊)、学名:Aster microcephalus var. ovatus、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科シオン属、株高:50-100 cm、葉形:楕円形、開花期:8月ー11月、花序形:散房花序、花冠:頭花、花径:2.5 cm、


  • キク
  • キク
  • シオン
  • ノコンギク
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性多年草
  • 花の色青 紫
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 100.0 cm
  • 花径2.5 ~ 2.5 cm

ランダムな花