ゲンゲ

Astragalus sinicus

  • ゲンゲ
  • ゲンゲ
  • ゲンゲ
  • ゲンゲ
  • ゲンゲ
  • ゲンゲ
  • 花名
    ゲンゲ
  • 学名
    Astragalus sinicus
  • 別名レンゲソウ, Astragalus sinicus, レンゲ
  • 原産地中国
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期4月, 5月, 6月
  • 花言葉「心が和らぐ」

ゲンゲとは

ゲンゲ(紫雲英、学名:Astragalus sinicus)は中国原産で、マメ科ゲンゲ属の匍匐性越年草です。別名で、レンゲソウ(蓮華草)や、レンゲ(蓮華)とも呼ばれます。
中国や台湾からの帰化植物です。水田や畑、道端に生え、茎は根元で分枝し、地をはって広がります。春に葉腋から総状花序を伸ばし7〜10個の小さな蝶形の赤い花を輪生状に咲かせます。
葉は奇数羽状複葉で小葉が7〜11枚付きます。別名のレンゲ或いはレンゲソウとは、花の形がの花に似ていることに拠ります。花は蜜源になり、根に粒状の根粒があります。

一般名:ゲンゲ(紫雲英)、学名:Astragalus sinicus、原産地:中国、生活型:越年草、株高:10〜25cm、葉形:奇数羽状複葉、小葉数:7〜11枚、葉身長:0.8〜1.5cm、小葉形:倒卵形〜楕円形、花長:1~1.5cm、花序径:2~2.8cm、花色:赤、紫、果実型:豆果、果実長:2~2.5cm、果実色:黒熟、花期:4〜6月、用途:蜜源植物、緑肥、飼料。


  • マメ
  • マメ
  • ゲンゲ
  • ゲンゲ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    蝶形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型越年草
  • 花の色赤 紫
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 25.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.8 cm

ランダムな花