球根ベゴニア ボリビエンシス

Begonia x tuberhybrida cv. boliviensis

  • 球根ベゴニア ボリビエンシス
  • 球根ベゴニア ボリビエンシス
  • 球根ベゴニア ボリビエンシス
  • 球根ベゴニア ボリビエンシス
  • 球根ベゴニア ボリビエンシス
  • 球根ベゴニア ボリビエンシス
  • 花名
    球根ベゴニア ボリビエンシス
  • 学名
    Begonia x tuberhybrida cv. boliviensis
  • 別名Begonia boliviensis, Begonia, 球根ベゴニア , ベゴニア
  • 原産地園芸品種、原種は南米アンデス山脈
  • 開花場所
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月

球根ベゴニア ボリビエンシスとは

球根ベゴニア ボリビエンシス(学名:Begonia x tuberhybrida cv. boliviensis)は、シュウカイドウ科シュウカイドウ属の非耐寒性常緑多年草(球根)「球根ベゴニア」の1品種です。原産地はボリビア北西部からアルゼンチンです。葉は濃緑色です。花弁は一重咲きで垂れ下がるように咲きます。花色には赤色や橙色があります。球根ベゴニアの交配親として園芸品種の基本となった野生種です。


  • ウリ
  • シュウカイドウ
  • シュウカイドウ
  • ベゴニア
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型半耐寒性の球根植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 90.0 cm
  • 花径5.0 ~ 15.0 cm

ランダムな花