ナツエビネ

Calanthe puberula

自生ラン。海老名

  • ナツエビネ
  • ナツエビネ
  • ナツエビネ
  • ナツエビネ
  • 花名
    ナツエビネ
  • 学名
    Calanthe puberula
  • 別名夏海老根, Calanthe puberula
  • 原産地日本、中国
  • 開花場所鉢花
  • 開花期7月, 8月, 9月

ナツエビネとは

ナツエビネ(夏海老根、学名:Calanthe puberula )は、中国、日本原産でラン科エビネ属の多年草「エビネ(海老根、学名:Calanthe discolor)」の仲間で、夏咲き品種の原種(7月~9月咲き)です。

一般名:ナツエビネ(夏海老根、学名:Calanthe puberula 、別名:カランセ(Calanthe)、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科エビネ属ナツエビネ種、開花期:7月〜8月、原産地:日本、中国、生息分布:本州、四国、九州の日本、環境:渓谷の林床など、生活型:多年草、草長:20〜60 cm、単葉植物、葉色:緑、葉形:狭長楕円形、葉数:3~5枚、葉縁:全縁、左右総称花、合弁花冠2花冠:ラン形、花色:淡紫色、花径:1〜2 cm、花の構成:萼片、側花弁、唇弁、用途:盆栽、鉢植え、庭植え。


  • キジカクシ
  • ラン
  • エビネ
  • ナツエビネ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    ラン形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 60.0 cm
  • 花径1.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花