エゾギク

Callistephus chinensis

  • エゾギク
  • エゾギク
  • エゾギク
  • エゾギク
  • エゾギク
  • エゾギク
  • 花名
    エゾギク
  • 学名
    Callistephus chinensis
  • 別名Callistephus chinensis, 蝦夷菊, 薩摩菊, China Aster, アスター, サツマギク
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国
  • 開花場所野原・畦道, 庭, 園芸品種, 鉢花
  • 開花期6月, 7月, 8月
  • 花言葉思い出、追憶、白花は:「私を信じてください」

エゾギクとは

エゾギク(蝦夷菊、学名:Callistephus chinensis)は、日本、朝鮮半島、中国原産で、キク科エゾギク属の半耐寒性一年草です。園芸品種も多数あります。
夏に花茎を伸ばし比較的大きな頭花を咲かせます。花色には白、赤、ピンク、紫色があり、花の咲き方には一重咲き、八重咲、七分咲き、ポンポン咲きがあります。別名で、サツマギク(薩摩菊)、チャイナアスター(China Aster)、学名のCallistephus chinensis(カリステフス・シネンシス)とも呼ばれます。
以前はシオン属に属していましたが、今はエゾギク属の属し、1属1種とされます。従って、孔雀アスターアルペンアスターは、シオン(アスター)属なので異属です。

一般名:エゾギク(蝦夷菊)、学名:Callistephus chinensis、又名:又名:サツマギク(薩摩菊)、チャイナアスター(China Aster)、Callistephus chinensis(カリステフス・シネンシス)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科エゾギク属エゾギク種、原産地:日本、朝鮮半島、中国、草丈:15-100 cm、葉形:ヘラ形~長楕円形、葉序:互生、葉縁:鋸歯、花径:3-15 cm、花色:白、赤、ピンク、紫色、花の咲き方:一重咲き、八重咲、七分咲き、ポンポン咲き、開花期:6月~8月。


  • キク
  • キク
  • エゾギク
  • エゾギク
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型半耐寒性一年草
  • 花の色紫 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 100.0 cm
  • 花径3.0 ~ 15.0 cm

ランダムな花