ヒクマオトメ

Camellia sasanqua 'hikumaotome'

サザンカ・カンツバキ群

  • ヒクマオトメ
  • ヒクマオトメ
  • ヒクマオトメ
  • ヒクマオトメ
  • 花名
    ヒクマオトメ
  • 学名
    Camellia sasanqua 'hikumaotome'
  • 別名曳馬乙女, Hikuma-otome
  • 原産地園芸品種、日本固有種
  • 開花場所庭, 植物園, 公園, 園芸品種, 鉢花
  • 開花期1月, 2月, 3月, 11月, 12月
  • 花言葉「謙譲」「愛嬌」

ヒクマオトメとは

ヒクマオトメ(曳馬乙女 、学名:Camellia sasanqua 'Hikuma-otome')は、日本固有種で、ツバキ科ツバキ属の常緑中低木です。花はピンクの八重~千重咲きの小中輪です。
サザンカ(学名: Camellia sasanqua)の3つの園芸品種群の中では、カンツバキ群に入ります。カンツバキ群(Shishigashira)は、サザンカ(sasanqua、学名: Camellia sasanqua)ツバキ(椿、学名: Camellia japonica)の交雑種でそれから作出された品種群です。花は八重咲き~千重咲きで、開花期は11〜3月です。
因みに、サザンカ(C. Sasanqua)の3群とは、サザンカ群(Sasanqua)、カンツバキ群(Shishigashira)、ハルサザンカ群(Spring sasanqua)を言います。開花期は、それぞれ、サザンカ群(開花期10~12月)、カンツバキ群(11~3月)、ハルサザンカ群(11~4月)の順に咲きます。

一般名:ヒクマオトメ(曳馬乙女 、学名:Camellia sasanqua 'Hikumaotome'、学名2:Camellia sasanqua Thunb. 'Shishigashira'、学名3:Camellia × hiemalis 、又名:Sasanqua camellia、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツバキ科ツバキ属ヒクマオトメ種、原産地:園芸品種、日本固有種、樹高:1〜2m、樹形:枝が横に張る、生活型:常緑広葉低木、開花期:11月〜3月、葉色:暗緑色、葉形:楕円形、葉縁:鋭い鋸歯、花径:5〜7cm、花色:ピンクの八重~千重咲き、用途:庭木、鉢植え、公園樹、生垣。


  • ツツジ
  • ツバキ
  • ツバキ
  • カンツバキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑広葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径5.0 ~ 7.0 cm

ランダムな花