トウガラシ

Capsicum annuum

  • トウガラシ
  • トウガラシ
  • トウガラシ
  • トウガラシ
  • 花名
    トウガラシ
  • 学名
    Capsicum annuum
  • 別名赤辛子, 赤唐辛子, 青唐辛子
  • 原産地メキシコ
  • 開花場所
  • 開花期7月, 8月, 9月

トウガラシとは

トウガラシ(唐辛子 、学名:Capsicum annuum)は、メキシコ原産で、ナス科トウガラシ属の多年草及び果実のことです。別名で赤唐辛子や青唐辛子とも呼ばれます。夏~秋に、分枝した枝にたくさんの小さな花を咲かせます。花後に成る果実は、ランタン形をしており中は中空で、中に辛い種があります。果実の色は緑色ですが、熟すと赤くなります。緑色の未成熟の果実を「アオトウガラシ(青唐辛子)」、赤く成熟したものを「アカトウガラシ(赤唐辛子)」と呼んでいます。 青唐辛子は焼いて食べたり、付け合せに使います。 赤唐辛子は香辛料として使いします。 種は極辛で食べられないので種を取って残った果実を使います。用途は、料理のピリッとした辛味付けや、薬効(食欲増進、辛味性健胃薬)に使われます。 主に赤い果実を用いるので、唐辛子の別名を赤唐辛と言います。英語では、レッドペッパー(Red Pepper)や、チリペッパー(Chile pepper)と呼ばれます。秋に少量出荷される未熟な唐辛子の葉を「葉唐辛子」と言い、それを醤油で煮詰めて佃煮にしたり料理に使います。辛味があって食欲をそそります。マンガンジトウガラシ(万願寺唐辛子)は、唐辛子と米国の唐辛子を交配して育種された京野菜です。果実は大きな鮮緑色で辛味が少なく甘みがあって柔らかいです。別名で、万願寺や万願寺甘唐辛とも呼ばれます。収穫時期は5~9月で串刺し焼きなどで供されます。

一般名:トウガラシ(唐辛子) 、学名:Capsicum annuum、別名:アカトウガラシ(赤唐辛子、赤とうがらし)、レッドペッパー(Red Pepper)、チリペッパー(Chile pepper)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ナス目ナス科トウガラシ属(カプシクム属)、原産地:メキシコ 、分布:亜熱帯~温帯域 、草丈:50cm、葉形:被針形、葉序:互生、花色:白・紫、 開花期:7~9月、果実形:ランタン形、果実色:緑→赤。


  • ナス
  • ナス
  • トウガラシ
  • トウガラシ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草の野菜
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 60.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.5 cm

ランダムな花