カトレア ワルケリアナ

Cattleya walkeriana

  • カトレア ワルケリアナ
  • カトレア ワルケリアナ
  • 花名
    カトレア ワルケリアナ
  • 学名
    Cattleya walkeriana
  • 別名
  • 原産地ブラジル
  • 開花場所温室, 鉢花
  • 開花期1月, 11月, 12月

カトレア ワルケリアナとは

カトレア ワルケリアナ(学名:Cattleya walkeriana)はブラジル原産で、ラン科カトレア属の多年草です。「セラードのプリンセス」と呼ばれます。秋から冬にかけて花を咲かせます。

一般名:カトレア ワルケリアナ、学名:Cattleya walkeriana、分類名:植物界被子植物単子葉植物キジカクシ目ラン科カトレア属、原産地:ブラジル、株高:20 cm、花径:9~12cm、花色:ピンク、白、開花期:11月~1月。

■品種
カトレア ワルケリアナ ネムセンプレ(C. walkeriana fma. perola ‘Nem Sempre’)


  • キジカクシ
  • ラン
  • カトレア
  • カトレア ワルケリアナ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    ラン形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 20.0 cm
  • 花径9.0 ~ 12.0 cm

ランダムな花