シダレザクラ

Cerasus spachiana

  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
  • 花名
    シダレザクラ
  • 学名
    Cerasus spachiana
  • 別名イトザクラ, 枝垂桜, 糸桜, Drooping cherry, Shidarezakura, Weeping cherry tree, Cerasus spachiana
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 植物園, 墓地・寺院, 公園
  • 開花期3月, 4月
  • 花言葉「優美」

シダレザクラとは

シダレザクラ(枝垂桜、 学名:Cerasus spachiana f. spachiana)は、日本原産でバラ科の落葉小高木「エドヒガン系サクラ(桜)」の園芸変種で、春に枝を長く伸ばし淡紅色の小輪を枝垂れるように咲かせる桜です。開花はソメイヨシノより1週間ほど早く咲きます。
開花時間の経過と共に花が白くなります。同じ枝垂れ型で、花色がより濃いベニシダレ(紅枝垂れ)やヤエベニシダレ(八重紅枝垂)もあります。

一般名:シダレザクラ(枝垂桜)、学名:Cerasus spachiana f. spachiana、別名:イトザクラ(糸桜)、drooping cherry、Shidarezakura、Weeping cherry tree、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属シダレザクラ種、原産地:日本、放射相称花、散形花序、開花期:3月下旬〜4月上旬、樹高:20 m、花径:2~3 cm、花色:淡紅色、花の咲き方:一重、八重。


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • シダレザクラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉小高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ500.0 ~ 2000.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花