キメンカク

Cereus peruvianus

  • キメンカク
  • キメンカク
  • キメンカク
  • キメンカク
  • 花名
    キメンカク
  • 学名
    Cereus peruvianus
  • 別名鬼面角, Peruvian apple
  • 原産地ブラジル~ウルグアイ
  • 開花場所温室
  • 開花期7月, 8月, 9月

キメンカクとは

キメンカク(鬼面角、学名:Cereus peruvianus)は、ブラジル~ウルグアイ原産でサボテン科ケレウス属の大型の柱サボテンです。緑色の柱は10~20m程にも成長します。柱色は緑ですが、古くなると灰緑色になります。 夏の夜に20cm 程の長い筒状花を咲かせます。花は白ですが、外側の花弁はピンク~赤っぽいです。

一般名:キメンカク(鬼面)、学名:Cereus peruvianus、別名:Peruvian apple、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目サボテン科ケレウス属(ハシラサボテン属)、原産地:ブラジル~ウルグアイ,柱径:10~20 m、花色:白、花径:20 cm、開花期:7月~9月。


  • ナデシコ
  • サボテン
  • ケレウス
  • キメンカク
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    棘状
  • 生活型半耐寒性・常緑多年草、サボテン
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1000.0 ~ 2000.0 cm
  • 花径20.0 ~ 20.0 cm

ランダムな花