クサボケ

Chaenomeles japonica

  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • クサボケ
  • 花名
    クサボケ
  • 学名
    Chaenomeles japonica
  • 別名Japanese quince, シドミ, 草木瓜, flowering-quince
  • 原産地日本
  • 開花場所
  • 開花期3月, 4月

クサボケとは

クサボケ(草木瓜、学名:Chaenomeles japonica)とは、バラ科ボケ属の落葉低木「ボケ」の内、日本原産のボケを言います。クサボケは日本の野原に自生します。春に、散房花序を伸ばし、葉腋から3~5個の小花を束生します。中国産のボケは、カラボケ(唐木瓜、真木瓜、学名:Chaenomeles speciosa)と呼ばれます。クサボケ(C. japonica)は、カラボケより全体的に小振りです。一般的に中国から平安時代に渡来したカラボケ(C. speciosa)を日本で長年品種改良したものをボケ(木瓜)と呼んでおり、様々な品種が作出されています。

一般名:クサボケ(草木瓜)、学名:Chaenomeles japonica、別名:ボケ(木瓜)、シドミ、シナシ、ノボケ、コボケ 、flowering-quince , Japanese-quince、Maule's quince 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科ボケ属クサボケ種、原産地:日本、生息分布:本州~九州、生活型:落葉低木、樹皮:暗茶褐色、樹高:50cm、株:直立、枝:棘有、葉形:長楕円形、葉縁:鋸歯、葉序:互生、葉長:4~8cm、雌雄同株、花序形:散房花序、花径:2.5~4cm、花色:朱赤・白、開花期:3月~4月、果実形:球形、果実径:5~7cm、果実長:10cm、果実色:黄熟、結実期:7月~8月、用途:盆栽、庭木、果実は果実酒や鎮痛剤、生薬名はワモッカ(和木瓜)。


  • バラ
  • バラ
  • ボケ
  • クサボケ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉低木
  • 花の色橙 赤
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 50.0 cm
  • 花径2.5 ~ 4.0 cm

ランダムな花