ノジギク

Chrysanthemum japonense

  • ノジギク
  • ノジギク
  • 花名
    ノジギク
  • 学名
    Chrysanthemum japonense
  • 別名野路菊, Chrysanthemum japonense
  • 原産地日本固有種
  • 開花場所
  • 開花期10月, 11月

ノジギクとは

ノジギク(野路菊、学名:Chrysanthemum japonense)は、日本固有種で、キク科キク属の耐寒性常緑多生植物です。本州から四国、九州の海岸沿いの傾斜地に自生し群落を形成します。野菊の1種です。良く分枝します。葉裏に白毛が生えています。秋に頭花を咲かせます。舌状花は白。筒状花は黄色です。
変種に、小菊の原種とされるアシズリノジギク(足摺野路菊、学名:Chrysanthemum japonense var. ashizuriense)があります。

一般名:ノジギク(野路菊)、学名 Chrysanthemum japonens、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科キク属ノジギク種、生活型:耐寒性常緑多年草、草丈:50~90 cm、葉序:互生、葉長:3~5 cm、葉幅:2~4 cm、葉形:広卵形で5中裂、葉縁:鋸歯、開花期:10月~11月、花色:白、花径:3~5㎝、花冠形:頭状花序。


  • キク
  • キク
  • キク
  • ノジギク
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 50.0 cm
  • 花径3.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花