モロヘイヤ

Corchorus olitorius

葉の下部にひげがある

  • モロヘイヤ
  • モロヘイヤ
  • モロヘイヤ
  • モロヘイヤ
  • モロヘイヤ
  • モロヘイヤ
  • モロヘイヤ
  • モロヘイヤ
  • モロヘイヤ
  • モロヘイヤ
  • モロヘイヤ
  • モロヘイヤ
  • 花名
    モロヘイヤ
  • 学名
    Corchorus olitorius
  • 別名シマツナソ, 縞綱麻, nalta jute, Moroheiya, タイワンツナソ
  • 原産地エジプト、インド
  • 開花場所
  • 開花期8月, 9月, 10月

モロヘイヤとは

モロヘイヤ(Moroheiya、学名:Corchorus olitorius)は、エジプト、インド原産で、シナノキ科シナソ属シマツナソ種の葉菜類の野菜となる一年草です。正式名称、シマツナソ(縞綱麻)と言います。若葉は食用となり、湯掻くと粘り気のあるお浸しとなります。また、味噌汁の具や、煮込み、天麩羅にして食べます。植物繊維が多く、ビタミン A、B、C、E、カリウム、カルシウム、鉄などの栄養価が含まれます。便秘や、悪玉コレステロール減少、動脈硬化の予防、発ガン発生率の低下、などが期待できます。茎の繊維はジュート(jute)と呼ばれ繊維原料となります。果実は有毒で食べられません。

一般名:モロヘイヤ(Moroheiya、mulukhiya←アラビア語を近似表示) 、学名:Corchorus olitorius L. 、別名:Moroheiya、シマツナソ(縞綱麻)、ナルタ・ジュート(nalta jute)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱アオイ目シナノキ科シナソ属シマツナソ種、原産地:エジプト、インド、生活型:一年草、草丈:50 cm(収穫)、通常は100~200 cm、単葉、葉形:長楕円形、葉序:互生、葉縁:細鋸歯、葉色:緑、花色:濃黄、葉縁:鋸歯、花序形:葉腋に単頂、或いは集散花序、開花期:8月~10月、花径:2 cm、花弁数:5、雄蕊数:5、雌蕊数:1、野菜の旬:6月~9月、果実型:蒴果(有毒)、果実形:長円筒形、果実長:2.5~7.5 cm、果実色:灰青色。


  • アオイ
  • シナノキ
  • シナソ
  • シマツナソ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型一年草
  • 花の色黄 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花