カネノナルキ

Crassula ovata

  • カネノナルキ
  • カネノナルキ
  • カネノナルキ
  • カネノナルキ
  • 花名
    カネノナルキ
  • 学名
    Crassula ovata
  • 別名Crassula, カゲツ, 花月, 金の成る木, Crassula portulacea, Dollar plant, Money tree
  • 原産地南アフリカ
  • 開花場所庭, 盆栽, 鉢花
  • 開花期1月, 2月, 3月, 12月
  • 花言葉

カネノナルキとは

カネノナルキ(金の成る木、学名:Crassula ovata)は、南アフリカ原産で、ベンケイソウ科クラッスラ属カネノナルキ種の多肉植物・常緑低木です。乾燥に強く、幹や茎は年々太くなります。葉は丸みと厚みがあり葉縁が赤味を帯びます。
冬~春に、散房花序を伸ばし、枝先端に桃色又は白色の星形をした五弁花を多数咲かせます。
丸く硬い葉が硬貨に似ていることから英名では「dollar plant」と呼ばれます。日本では、幼木時に茎や幹に穴の開いた5円玉を嵌んで、お金が成っているように見せたことが名前の由来です。用途は、盆栽等で、お祝いに贈ったり、自宅に飾ります。
属名の「Crassula」はギリシャ語で「厚い」、種小名の「ovata」はラテン語で「卵形の」と言う意味です。花言葉は「富」です。

一般名:カネノナルキ(金の成る木)、学名:Crassula ovata、別名:カゲツ(花月)、クラッスラ(Crassula)、クラッスラ・ポルツラケア(Crassula portulacea)、Dollar plant 、Money tree、分類名:植物界被子植物真双子葉類バラ目ベンケイソウ科クラッスラ属カネノナルキ種、原産地:南アフリカ、生活型:多肉植物・常緑低木、樹高:1~3 m、茎直径:20 cm、葉形:倒卵形、葉身長:3 cm、葉序:対生、花序形:散房花序、花の形:5弁花、花色:白・薄桃、花径:0.5〜1.2 cm、雄蕊数:5、開花期:12月〜翌年3月、用途:盆栽。


  • ユキノシタ
  • ベンケイソウ
  • クラッスラ
  • カネノナルキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    倒卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多肉植物・常緑低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 300.0 cm
  • 花径0.5 ~ 1.2 cm

ランダムな花