アキグミ

Elaeagnus umbellata

季節-秋

  • アキグミ
  • アキグミ
  • 花名
    アキグミ
  • 学名
    Elaeagnus umbellata
  • 別名
  • 原産地ヒマラヤ~日本の東アジア
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉野生美

アキグミとは

アキグミ(秋茱萸、学名:Elaeagnus umbellata)はヒマラヤ~日本の東アジア原産で、グミ科グミ属の落葉低木です。果実は食べられますが渋いので主にジャムなどの加工用にされます。北海道~九州の河原や道端などの日当たりの良い場所に分布します。葉は長楕円状披針形で葉表に鱗状毛が密生します。春に、葉腋から1~6個の白花を束生して垂下して咲かせます。花弁は無く、花のように見えるものは萼です。花色(萼色)は時間の経過とともに黄色に変化します。秋に赤い球形の果実が成ります。同属のマルバアキグミは、葉が丸く海岸の沿岸に自生します。

一般名:アキグミ(秋茱萸)、学名:Elaeagnus umbellata、原産地:ヒマラヤ~日本の東アジア、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目グミ科グミ属アキグミ種、樹高:2~4 m、樹径:20 cm、樹皮:灰黒色、葉序:互生、葉長:4~8 cm、葉幅:1~3 cm、葉形:長楕円状披針形、葉縁:全縁、萼筒長:0.8 cm、萼径:0.8 cm、花序形:葉腋に数個束生、花弁:無、花色(萼色):白色→黄色、花の形(萼形):4稜漏斗形(筒状で先端が4裂)、雄蕊:4本、開花期:4~5月、果実型:偽果、結実期:9月~11月、果実形:球形、果実径:0.6~0.8 cm、果実色:赤、用途:庭木、木具材、果実は咳止めの生薬「牛奶子(ぎゅうだいし)」。


  • バラ
  • グミ
  • グミ
  • アキグミ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 400.0 cm
  • 花径0.8 ~ cm

ランダムな花