センボンヤリ

Leibnitzia anandri

  • センボンヤリ
  • センボンヤリ
  • 花名
    センボンヤリ
  • 学名
    Leibnitzia anandri
  • 別名千本槍
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国
  • 開花場所野原・畦道, 低山
  • 開花期4月, 5月, 6月, 9月, 10月, 11月

センボンヤリとは

センボンヤリ(千本槍、学名:Leibnitzia anandri)は日本、朝鮮半島、中国原産で、キク科センボンヤリ属の多年草です。春に咲く春型と、秋に咲く秋型があります。センボンヤリというのは秋型の方です。春型は花色が紫色のものがあるので

又名:ムラサキタンポポ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科センボンヤリ属センボンヤリ種、葉形:長楕円形、葉縁:羽状中裂、【春型】花茎高:5~10 cm、開花期:4月~6月、花径:1~1.5 cm、花序形:頭花、花冠形:筒状花、花色:白~赤紫、【秋型】30~60 cm、開花期:9月~11月、花色:白、花冠形:細い筒状花から成る閉鎖花。


  • キク
  • キク
  • センボンヤリ
  • センボンヤリ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 60.0 cm
  • 花径1.5 ~ 1.5 cm

ランダムな花