シラユキゲシ

Eomecon chionantha

白いケシ

  • シラユキゲシ
  • シラユキゲシ
  • シラユキゲシ
  • シラユキゲシ
  • 花名
    シラユキゲシ
  • 学名
    Eomecon chionantha
  • 別名白雪芥子, Eomecon, エオメコン, スノーポピー, snow poppy, dawn-poppy
  • 原産地中国東部
  • 開花場所植物園
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉「清純な誘惑、無邪気の愛」

シラユキゲシとは

シラユキゲシ(白雪芥子、学名:Eomecon chionantha)は、中国東部原産で、ケシ科エオメコン属の耐寒性多年草です。山地の湿った場所に自生しています。春先に、夏椿に似た白い4弁花を一茎に数輪咲かせます。葉は蕗に似ており、花より大きくてハート形です。葉縁は緩やかに波打っています。

一般名:シラユキゲ(白雪芥子) 、学名:Eomecon chionantha(エオメコン) 、別名:dawn-poppy、スノーポピー(snow poppy) 、分類名:植物界被子植真正双子葉類キンポウゲ目ケシ科エオメコン属(シラユキゲシ属)、原産地:中国東部、草丈:20~30cm、花色:白、花径:3cm、開花期:4月-5月


  • キンポウゲ
  • ケシ
  • エオメコン
  • シラユキゲシ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    波状
  • 生活型耐寒性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 30.0 cm
  • 花径3.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花