ヒヨドリバナ

Eupatorium makinoi

  • ヒヨドリバナ
  • ヒヨドリバナ
  • ヒヨドリバナ
  • ヒヨドリバナ
  • ヒヨドリバナ
  • ヒヨドリバナ
  • ヒヨドリバナ
  • ヒヨドリバナ
  • ヒヨドリバナ
  • ヒヨドリバナ
  • ヒヨドリバナ
  • ヒヨドリバナ
  • 花名
    ヒヨドリバナ
  • 学名
    Eupatorium makinoi
  • 別名ヒヨドリソウ, 鵯花, 鵯草, Boneset
  • 原産地中国
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期8月, 9月, 10月
  • 花言葉「清楚」「期待」「延期」

ヒヨドリバナとは

ヒヨドリバナ(鵯花、学名:Eupatorium makinoi)は、中国原産で、キク科の多年草です。晩夏から秋に、花茎から伸びた散房状に淡紫色または白色の小さな筒状花を多数集合させて咲かせます。茎に紫色の斑点や短毛があります。葉には短い葉柄があり、ざらざらして、茎に対生に付きます。花名の由来は花の開花時期がヒヨドリの鳴く時期であることに拠ります。鵯花(E. makinoi)とフジバカマ(藤袴、学名:Eupatorium japonicum)ヨツバヒヨドリ(四葉鵯、学名:Eupatorium chinense L. var. sachalinense)、サワヒヨドリ(澤鵯)は似ています。それらの見分け方は難いですが、下記が参考になります。
藤袴(E. japonicum)の葉は深く3裂しますが、鵯花(E. makinoi)や四葉鵯(E. chinense L. var. sachalinense)の葉に切れ込みはありません。
鵯花(E. makinoi)の葉が対生するに対して、四葉鵯(E. chinense L. var. sachalinense)の葉は3〜4枚が輪生します。
鵯花(E. makinoi)は道端などに生えるに対し、藤袴(E. japonicum)は河原に生えます。

一般名:ヒヨドリバナ(鵯花)、学名:Eupatorium makinoi (エウパトリウム)、別名:ヒヨドリソウ(鵯草)、サンラン(山蘭)、Boneset、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科フジバカマ属、原産地:中国、生息分布:日本全国、環境:林床、草原、渓谷沿いなどの日の当たる場所、葉形:楕円形、葉縁:鋸歯、散房花径:15〜20 cm、草丈:100〜200 cm、花色:白・淡紫色、筒状花長さ:0.5〜0.6 cm、開花期:8月〜10月。


  • キク
  • キク
  • フジバカマ
  • ヒヨドリバナ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草
  • 花の色紫 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.6 cm

ランダムな花