ポインセチア

Euphorbia pulcherrima

マダガスカルの国花

  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • ポインセチア
  • 花名
    ポインセチア
  • 学名
    Euphorbia pulcherrima
  • 別名ショウジョウボク, Poinsettia, 猩々木
  • 原産地メキシコ
  • 開花場所鉢花
  • 開花期1月, 11月, 12月
  • 花言葉聖なる願い

ポインセチアとは

ポインセチア(Poinsettia、学名:Euphorbia pulcherrima)は、メキシコ原産で、トウダイグサ科トウダイグサ属ポインセチア種の常緑性低木です。マダガスカルの国花です。特に人気が出るクリスマスシーズンに見頃を迎えるためクリスマスフラワーとされます。赤い花のように見えるのは苞葉であり、花ではありません。花色には赤だけでなく、黄色や白、桃色、薄黄、斑入りなど豊富にあります。また、一重咲きだけでなく、八重咲き品種のウィンターローズ 'アーリーレッド'等もあります。ポインセチア(Poinsettia)という名前は、米国の駐メキシコ大使J.R.ポインセット氏がメキシコから持ち帰って広められたこと由来します。短日植物なので、9月頃から毎日夕方〜翌朝にダンボール箱で囲って日照時間を抑制すれば綺麗な苞葉を鑑賞することができます。ポインセチアの和名は、ショウジョウボク(猩々木)と言いますが、同属に葉の一部が赤くなるショウジョウソウ(猩々草、学名:Euphorbia cyathophora)があります。同様に、同属には、ハツユキソウ(初雪草、学名:Euphorbia marginata)がありますが、こちらは緑の葉縁に白い覆輪が入った葉のコントラストが美しい植物です。

一般名:ポインセチア(Poinsettia)、学名:Euphorbia pulcherrima、別名:ショウジョウボク(猩々木)、国花:マダガスカル、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目トウダイグサ科トウダイグサ属ポインセチア種、原産地:メキシコ、樹高:30〜50 cm(鉢植え)、200〜600 cm(直植)、葉形:楕円形、花序形:杯型、花色(実際は、苞葉色):赤・黄・白・桃・薄黄・斑入り、開花期:11月~翌年1月、花弁:無し、花色:黄色、鑑賞期:10月~翌1月、繁殖:挿し木。


  • キントラノオ
  • トウダイグサ
  • トウダイグサ
  • ポインセチア
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    杯形花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    波状
  • 生活型常緑性低木
  • 花の色黄 薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 600.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花