ヤツデ

Fatsia japonica

  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • 花名
    ヤツデ
  • 学名
    Fatsia japonica
  • 別名Japanese Aralia, テングノハウチワ, 八手
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 海外, 低山
  • 開花期10月, 11月, 12月

ヤツデとは

ヤツデ(八手、学名:Fatsia japonica)は、日本原産でウコギ科ヤツデ属の耐寒性常緑低木です。秋から冬に、散形花序に白花をつけます。葉が掌のように深裂しているのが花名の由来です。花後の翌年5月に球形の果実が成り黒熟します。手入れの必要がなく、日陰・日向・大気汚染に強い植物です。ハエ(蝿)が嫌いな匂いを出すということで、ユーカリ(学名:Eucalyptus)や、オオセンナリ(大千成、学名:Nicandra physalodes ) と同様、 ゴミ箱やトイレの近くに植えられます。

一般名:ヤツデ(八手)、学名:Fatsia japonica(ファトシア ジャポニカ)、別名:テングノハウチワ(天狗の葉団扇)、ヤツデノキ(八手の木)、Japanese Aralia 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類セリ目ウコギ科ヤツデ属 、原産地:日本 、生活型:耐寒性常緑低木、樹高:200cm、花序形:散形花序、花色:白、開花時期:10月~12月、花径:0.5cm、果実形:球形、実色:黒。


  • セリ
  • ウコギ
  • ヤツデ
  • ヤツデ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性常緑低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 200.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花