バイモ

Fritilaria thunbergii

  • バイモ
  • バイモ
  • バイモ
  • バイモ
  • バイモ
  • バイモ
  • バイモ
  • バイモ
  • 花名
    バイモ
  • 学名
    Fritilaria thunbergii
  • 別名フリチラリア・ツンベルギー, Fritilaria thunbergii, アミガサユリ, 綱笠百合, テンガイユリ, 天蓋百合, 貝母, フリチラリア
  • 原産地中国
  • 開花場所
  • 開花期3月, 4月, 5月
  • 花言葉「謙虚な心」「才能」

バイモとは

バイモ(貝母、学名:Fritilaria thunbergii)は、中国原産で、ユリ科バイモ属の耐寒性半蔓性球根植物です。 草丈が高く、まっすぐに伸びた茎や、花、葉は薄緑色をしており、質素な日本庭園に合います。細い葉の先端が巻いています。春に、釣鐘型の花を下向きに咲かせます。花名は球根が二枚貝に似ていることに由来します。別名のアミガサユリという名前は花びら(花被片)の内側が綱目模様であることに拠ります。球根から鎮咳・解熱・止血に効用があるといわれる漢方薬が作られます。「謙虚な心」「才能」」です。

一般名:バイモ(貝母)、学名:Fritilaria thunbergii(フリチラリア・ツンベルギー) 、別名:アミガサユリ(綱笠百合)、フリチラリア・ツンベルギー(Fritilaria thunbergii)、分類名:植物界被子植物単子葉類ユリ目ユリ科バイモ属、原産地:中国、草丈:40~60 cm、鱗茎:シェル状で2枚の鱗片が相対、葉序:輪生、葉柄:無、花期:3月~5月、花色:薄緑で内側に暗紫色の網目状斑紋有り、花径:3~4 cm、用途:日本庭園、漢方薬。


  • ユリ
  • ユリ
  • バイモ
  • バイモ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性半蔓性球根植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 60.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花