チチコグサ

Gnaphalium japonicum

  • チチコグサ
  • チチコグサ
  • チチコグサ
  • チチコグサ
  • 花名
    チチコグサ
  • 学名
    Gnaphalium japonicum
  • 別名
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月

チチコグサとは

チチコグサ(父子草、学名:Gnaphalium japonicum)は、日本、朝鮮半島、中国原産で、キク科ハハコグサ属の小さな多年生の野草です。山野の草地に自生します。春~秋に、花茎先端から灰褐色の管状花のみから成る頭花を多数束生して咲かせます。頭花の基部には放射状に3~4枚の苞葉が取り巻きます。
同属の花に、頭花が黄色いハハコグサ(母子草)があります。
似た名前で異属に、オオバコチチコグサ(大葉子父子草)があります。

一般名:チチコグサ(父子草)、学名:Gnaphalium japonicum、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科ハハコグサ属チチコグサ種、原産地:日本、朝鮮半島、中国、草丈:10~25 cm、葉長:3~10 cm、葉形:長線形、花色:灰色、開花期:5月~10月。


  • キク
  • キク
  • ハハコグサ
  • チチコグサ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    管状形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型小さな多年生野草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 25.0 cm
  • 花径0.2 ~ 0.3 cm

ランダムな花