ハナイカダ

Helwingia japonica

  • ハナイカダ
  • ハナイカダ
  • ハナイカダ
  • ハナイカダ
  • 花名
    ハナイカダ
  • 学名
    Helwingia japonica
  • 別名花筏, Helwingia japonica, ヨメノナミダ, 嫁の涙
  • 原産地日本
  • 開花場所低山
  • 開花期4月, 5月, 6月

ハナイカダとは

ハナイカダ(花筏、学名:Helwingia japonica)は、日本原産で、ハナイカダ科ハナイカダ属の落葉低木です。
北海道南部〜九州の丘陵の森林内に自生します。幹は叢生し上部で多数枝分かれします。
葉は光沢のある緑色で楕円形、互生して付きます。春に、葉表の中央に淡緑色の花を雄花は数個、雌花は通常は1個、時には2〜3個咲かせます。秋に扁球形の果実が成ります。果実は食べられます。

一般名:ハナイカダ(花筏)、学名:Helwingia japonica)、又名:ヨメノナミダ(嫁の涙)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類モチノキ目ハナイカダ科ハナイカダ属ハナイカダ種、原産地:日本、樹高:1.5〜3m、樹皮:緑色、葉色:緑色、葉形:楕円形~広楕円形、葉序:互生、葉身長:6-15cm、葉幅:5cm、葉縁:浅鋸歯、雌雄別株、花色:黄緑色、花弁:3~4枚、花径:0.5 cm、花弁形:卵状三角形で3〜4個、雄花の雄蕊数:3〜4個で花柱は無し(退化)、雌花の花柱:3〜4裂で雄蕊は無し、花柄長:0.25 cm。果実型:液果、果実径:0.7〜1 cm、果実形:扁球形、果熟期:8〜10月、果熟色:紫黒色、花期:4〜6月。


  • モチノキ
  • ハナイカダ
  • ハナイカダ
  • ハナイカダ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    3弁花
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色緑 黒
  • 高さ150.0 ~ 300.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花