ヒビスクス・セントジョニアヌス

Hibiscus kokio ssp.saintjohnianus

  • ヒビスクス・セントジョニアヌス
  • ヒビスクス・セントジョニアヌス
  • 花名
    ヒビスクス・セントジョニアヌス
  • 学名
    Hibiscus kokio ssp.saintjohnianus
  • 別名セントジョニアヌ, ヒビスクス, Hibiscus saintjohnianus, ハイビスカス, Hibiscus kokio, ヒビスクス・コキオ・セントジョニアヌ, ヒビスクス コキオ セントジョニアヌス
  • 原産地カウアイ島
  • 開花場所亜熱帯地域, 特定の地域
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月

ヒビスクス・セントジョニアヌスとは

ヒビスクス・セントジョニアヌス(Hibiscus saintjohnianus、学名:Hibiscus kokio ssp. saintjohnianus、学名:”Hibiscus kokio ssp.saintjohnianus”)は、カウアイ島の固有種で、アオイ科フヨウ属の熱帯性常緑灌木です。カウアイ島のマカワオラ(Makawao)に自生する希少原種で、黄色又は橙色の花を咲かせる熱帯性ハイビスカスの原種です。属名の”Hibiscus”は、ラテン語で「Hibis(エジプトの女神)」、種小名の”saintjohnianus”は、米人の植物学者「セントジョン( Harold St. John)」氏への献名です。

一般名:ヒビスクス・セントジョニアヌス(Hibiscus saintjohnianusy)、学名:Hibiscus kokio ssp. saintjohnianusy、別名:ヒビスクス コキオ セントジョニアヌス、St. Johns hibiscus、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目アオイ科フヨウ属、原産地:ハワイ諸島のカウアイ島、生活型:常緑灌木、樹高:3~7 m、樹幅:0.9~1.2 m、葉形:卵形、葉質:光沢有、葉色:緑色、葉縁:鋸歯有り、葉序:互生、花色:黄・橙色、花径: 4~7 cm、花弁数:一重、花弁数:5、萼片数:5、芳香:無、開花期:6月~9月(原産地では周年)、果実型:蒴果、果実色:茶色。


  • アオイ
  • アオイ
  • フヨウ
  • ハイビスカス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型熱帯性常緑灌木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 700.0 cm
  • 花径4.0 ~ 7.0 cm

ランダムな花