オトギリソウ

Hypericum erectum

  • オトギリソウ
  • オトギリソウ
  • 花名
    オトギリソウ
  • 学名
    Hypericum erectum
  • 別名Hypericum erectum, 弟切草, カノキズグスリ, チドメグサ
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国大陸
  • 開花場所野原・畦道, 低山
  • 開花期7月, 8月, 9月
  • 花言葉「迷信」「秘密」

オトギリソウとは

オトギリソウ(弟切草、学名:Hypericum erectum)は、日本、朝鮮半島、中国大陸原産で、オトギリソウ科オトギリソウ属の多年生草本です。日本全国の道端、低地、畦に自生します。
草丈は20~60cmです。葉は長楕円形~倒卵形で葉縁は全縁で、対生します。葉には葉柄が無く、表面に黒点があります。
夏~初秋に、花茎先端から集散花序を伸ばし黄色い5弁の一日花を数個咲かせます。花径は2cmで、花弁にも黒点があります。
茎葉を民間薬とします。花名は秘伝薬の秘密を弟が他人に漏らしたため兄に切り殺されたという言い伝えに拠ります。花言葉は「迷信」「秘密」です。

一般名:オトギリソウ(弟切草)、学名:Hypericum erectum、又名:タカノキズグスリ(鷹の傷薬)、チドメグサ(血止め草)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目オトギリソウ科オトギリソウ属、原産地:日本、朝鮮半島、中国大陸、生育環境:日本全国の道端、低地、畦、生活型:多年草、草丈:20~60 cm、葉形:長楕円形/倒卵形、葉長:0.5~3 cm、葉幅:0.2~0.8 cm、葉序:対生、葉柄:無、葉縁:全縁、開花期:7月~9月、花径:2 cm、花序形:集散花序、花冠形:五弁花、花色:黄色、用途:薬草。


  • キントラノオ
  • オトギリソウ
  • オトギリソウ
  • オトギリソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    倒卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年生草本
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 60.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花